2008年2月アーカイブ

urayasu2.jpg

雪がふってから、久しく洗車していなかったのですが、さすがに汚いのと、子供が車に絵をかいてしまうので(^o^;)洗車しました。
洗車ついでに新浦安近辺の景色のきれいなところにフラッと写真撮りに行ってきました。
しかし、せっかくキレイな場所なのに、コンパクトデジカメだときれいにとれないですねぇ。。。

子供の写真撮るために一眼デジカメ検討してますが、この写真みてますます、欲しくなってきました。


urayasu.jpg

こちらは前方から。
どっちかというとリアビューのほうが好きです。多分、フロントに手を入れてないからだと、思います。なんかやりたいけど時間が。。

配線の検討

 
フロアマットの下をはわせて、前席まで配線して、スモール連動のイルミネーション関連の電源から横取りしようかとも思いましたが、配線がちらっと見えるのいやだなぁと思い、床下めくって、配線することにしました。

ここで問題になるのがシートレール。今まで乗っていた車だと、フロアの布めくってウレタンをめくればいくらでも配線できたのですが、ミニバンのシートレールは床に埋まっている。。。どうやるんだろう?

とりあえず、やりたい配線は以下のような感じです。配線イメージ

で、悩んでいてもしょうがないので、フロアマットを取り外し、二列目シートを一番前までずらしてみると、布の合わせ目が合ったので、これを無理やりめくるとウレタンが見えました。
このウレタンにも切れ目が入っていたので指突っ込んでめくりあげると、これもめくれ、何とか配線できそうな予感。

実際の配線はこんな感じです。

配線イメージ2.gif

 

 

LEDフットランプの配線の通し方

イメージができたので後は車側のパーツをばらして、配線を通していきます。

ココで重要なポイントがいくつかあります。
というのは、僕が失敗したから書くわけなのですが、当たり前だよというポイントなのかも知れません。一応ご参考までに記載します。

・座席のスライド幅を検討しておく
 せっかく配線したのに、スライド幅よりも短かった為、最配線する羽目に。。

・点灯確認できるまで、ばらしたパーツを戻さない
 取り付け完了して安心して戻したら、点灯せずに再度ばらす羽目に。。。泣
 原因はケチって古いケーブル使ったら、どうも、何処かで断線していたみたい。

では、実際の写真で見てみましょう!

 

LEDフットランプ取付作業
1、床下をめくる
フロアのウレタンをめくります。
これは二列目シートを最前方に持っていって布とウレタンをめくったところです。
この写真ではすでに配線通してありますが、シートレールの下に配線ができているのが見えるかと思います。


LEDフットランプ取付作業
2、左座席も同様にめくる
ついでにもう片方の座席のウレタンもめくり上げます。ここで一つ問題が発生します。
配線は運転席側にまとめてステップ部分を通して全席まで持っていくわけですが、左側座席と右側座席の間にスライドレールが4本もあります。
(内二本はセレナなどに特有のセンターテーブル用のスライドレールです。)

ココを配線を通そうとしても、ウレタンが引っかかって全然通りません。
そこで細い針金(100円ショップで調達)を用意して先に針金を通してから、その先に配線をテープでつけて針金を引き戻し、配線を通しました。こういうときの常套手段ですね。
 

LEDフットランプ取付作業
3、LEDフットランプの取り付けと結線
配線が通ってしまえば、後はシートのスライド幅と取り付け位置を考慮しながら、配線の長さを決め、あらかじめ作っておいたLEDフットランプに結線します。
このときギボシ処理しておくとなんとなく仕上がりが良いような気がします。

取り付け位置はこの位置にしました。

また、シート下に白っぽい配線チューブが見えていますが、ちょうど、フロアマットのつなぎ目部分から配線が出せたので、そこから配線を出し、シート下の樹脂カバーをはずしてそのつなぎ目から配線しました。


LEDフットランプ取付作業

4、シート下樹脂カバーを外す
樹脂カバーは下にある丸い樹脂クリップの中央を押せば外れます。
ドライバーなどで押してやるとペコッとへこんで外れる状態になります。
左右ニ箇所これを外せば、後は手前にグイッと引っ張ってやれば外れました。

LEDフットランプ取付作業

両サイドにクリップがあり、そこが後ろのパーツとつながっています。

樹脂パーツが外れたら、LEDフットランプを取り付けて、下から出した配線と結線した後、樹脂パーツの間から配線するようにして元に戻すと2つ上の写真のようになります。

でもココではあせらず、まだ外したままで点灯確認できるまで放置します。
※僕はココで戻して、再度バラしました。笑。

左側シートの方も同様に作業し、右側シートまで配線を伸ばしてきます。
両方独立してインパネまで引き回しても良いですが、僕は横着して右座席下で配線をまとめました。

 

 

LEDフットランプ取付作業
5、ステップ下配線(二列目)
さて、LED側の配線が完了したので、今度はインパネまで配線していきます。
インパネまでの配線はステップの下を通します。

これはクリップで止まっているだけなので、均等な力で上に引っ張ってやるとパキパキと外れていきます。
最初は隙間に「内張りはがし」等をいれてあとは、軍手をはめた手でうりゃっとやりました。

何個か壊してしまいましたが、まぁ見えないところなので、よしとしました。笑。

はずれたら、ココに配線を通していきます。


 

LEDフットランプ取付作業

ちなみに外れたステップ裏側です。

こんな感じに樹脂クリップがついてます。

色の違いは、、なんだろう?わかりませんでした。
7、ステップ下配線(一列目)
同様に運転席側もステップを外しますが、その前に外さないといけないパーツが二個程ありました。

いずれもステップの上にかかっているのですぐわかります。

LEDフットランプ取付作業
一つは前席のシートレールの根本の樹脂カバー


LEDフットランプ取付作業
一つはインパネとステップの間の樹脂パーツ。これは奥に手で回る樹脂ネジがついているので回して外し、手前に引くと外れます。

あとは同様にステップをバキバキと外します。
これで、インパネまでの配線は完了です。


 

LEDフットランプ取付作業

9、スモール電源横取り
後はインパネ内のスモール連動のイルミネーション系の電源から、+電源を拝借してマイナスを何処かにアースすれば完成です。
ウチのはオートスライドドア仕様なので、足元にこれの有効無効をコントロールするスイッチがあり、これにイルミ電源が着ていたので、ここから拝借しました。

写真のブルーの線がそれでした。
絶対とは言い切れませんが、この代のセレナのスイッチ系に来ているイルミ電源はブルーの線で来ているようです。他の部分もそうでした。

 

 

LEDフットランプ取付作業
10、最後に
点灯確認をして、(ココで感動しますっ!)すべてのパーツを元に戻して完成です!

LED購入時には光の拡散角度を確認しておくといいと思います。
ウチの場合は拡散角度が60°位のものを使い全体的に光るようにしました。

yukiserena.jpg
いやー、寒いですね。
昨日夜中まで、一人でぼけっと呑んでたので朝9時くらいまでねてたのですが、、おきてびっくり。窓から外眺めたら真っ白な世界が。笑。

雪が降るかも って天気予報では言ってたけど、さすがにこれは想定外。

カミさん外出予定だったのに、車庫からセレナちゃんが動けません。
スタッドレスもはいてないし、雪がとけるまで、こりゃ2、3日はうごけませんな。

とりあえず、子供とひとしきり雪で遊んだ後、セレナちゃんのワイパーを立ててあげましたが。

他なんかやる必要あるんですかねぇ。。??

雪下ろししようかとも思いましたが、ボディーが汚れているので、砂とかまきこんで、傷になってもいやだなと思い、今は放置してます。

当分様子見だな。こりゃ。

2008年2月 3日 16:00