ホーン交換 - C25セレナをDIYでいじる!

ホーン交換は多分一番最初の作業です。以前の車WHP11プリメーラから移植しました。最初鳴らなくて四苦八苦していたのですが、、、ディーラーもっていったら車本体の初期不良だと判明。ステアリング部分の接触不良だったとか。。
なんじゃそりゃー!

というところで、早速交換方法です。

交換にはこんなものを使います。

ホーン本体
前車から移植 多分4000円くらい
定番ですが、、この音好きです。 
 BOSCH BH-RVE ボッシュ ラリーエヴォリューションホーン  (楽天最安)
 BOSCH BH-RVE Rally Evolution ラリーエヴォリューション (メーカーサイト)
ステー/取り付け用のボルト・ナット   
ホームセンターで調達  全部で500円くらい?
ギボシ端子/ケーブル
100円ショップで調達


hone_1.jpg
昔の車で薄いステーを使っていたのですが、知らないうちに揺れで金属疲労が起こって、走行中にホーンを落っことしたことがあります。
ということで今回は3mmの丈夫なステーを購入しました。
ボルト・ナットはばら売りのもので一個30円程度だったと思います。
全部で500円もかからなかったと思います。


hone_6.jpg
今は何でも100円ショップで買えますね。工具も豊富なので、ホームセンター行く前にチェックする余裕があれば行って損はないと思います。今回はアース用の端子とギボシ端子、それから電源用のケーブルを購入しました。


hone_4.jpg
純正ホーンはこの位置に収まっていました。グリルを外したら上からすぐ見えます。
端子は一つだけ刺さってました。アースはステーからとっているのだと思います。。

グリルのはずし方はコチラをご覧ください。



hone_3.jpg
横から見るとこんな感じ。一番上のビスにアースのケーブルが付いていますがホーンのものではありません。今回取り付けのホーンは、便乗してココからアースを取ります。
ちなみに他のビスも試しましたが、ココ以外だとダメでした。


hone_5.jpg
ちなみに取り外した純正ホーンはこんな感じ。
見るからに安っぽそうです。じつは後から気づいたのですが、車両側の端子はわざわざ切らなくても良かったです。
写真で見ると分かりますが、ホーン側がオスの端子になっていて、もともとある車両側ケーブルがメス側でした。見慣れない形状だったので、わざわざ切断してギボシ端子で接続できるように加工しましたが、結局元と同じ状態です。(^o^;)



hone_2.jpg
さて、いきなりですが、取り付け前の状態です。ホーンの+端子は二本をまとめて一つの端子に。
アース側は前のヤツがそのまま使えたのでそのままつかいました。2本に分かれています。


hone_7.jpg
上から見た取り付け状況です。ケーブルは今まで使っていたものを流用したので、汚いですね。。。そのうち入れ替えます。
車両側のわざわざ取り替えてしまった端子は緑の配線のところです。


hone_8.jpg
ご参考までに、アース取り出し位置です。